スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

喜びへの追求

コメント2 
fc2blog_20160606080850dcb.jpg



喜びをわかり合う

分かち合うんじゃないんだねw


それはこちらのはなしとしまして



日本晴れピクチャーズ、その時その時に

感じたことなどを綴ってきた、2007年から

随分と、時間は流れています。

同じ月、3年前は何を書いたのか

同じ月、9年前は何を書たいのか

blogは、虚構であっても良いのだよ。

そんな時代がなつかしい。

昨今、そんなフェアリーなblgoに遭遇することも

珍しくなってまいりました。

しかし、朗読をするときは、日本晴れを書くときは

わたしは、いつも非日常を頭のどこか片隅に。

変わらずに。



朗読会の原稿を書きながら・・・・



写真を思い・・・・



仕事は、努力をしているけれど

写真で努力はしたことがないので

好きにやらせてもらっています。

何時間でも、毎日毎日撮っているのというのに

紙の写真本はなかな完成せず、継続中。

それでも、写真を撮っていると喜びなので

それでもいいのかもしれませんね。



ただ、思うことは、


その時、そのときに感じたことは、とても大切で

日本晴れには、その半分くらいは書かれて残っているのかもしれません。

もう半分は、わたしの心のなかと、紙の日記帳に書かれていると思います。


それにしても、一番大切な部分は、ここには残されいないのかもしれません。
どうだったか、何を書いたか、本当の揺さぶられる感情はここに残っていないようにも思えます。

虚構のなかでの、自由にした半分が残っているのか。

これから、朗読会をするなかで、それは表現できるのだろうか

写真で、伝えることができるのだろうか

そん風に思えていることは、とてもシアワセでとてもナチュラルです。



仕事の頭と、この表現という頭の切り替えを

日常のなかでするべきではないと考えたこともありましたが

今は、両方が共存しています。



仕事脳も活性化しているこの辺でw

表現脳が、ちょっとむくむくしているのは、ちょうどいい頃合いで

朗読会ができそうに思います。初回放送に向けても準備をしながら

朗読会は、毎月したいくらいです。



「今感じている思いは、今書かないと!」


不要なのはストレス、しかし苦悩は人を開花させる。

自由に泳ぎ、喜びを感じる部分を追求している時間は

ときに、贅沢すぎるほどの快楽を手にしてしまう。

未来の答えは、現在ここにある。




わたしは、ここを見ている人、みじかにいる人

放送を見ている目の前の人に

写真を撮っている。

9年前と変わったことといえば、こんなこと。

自分だけのために撮っていた写真は

いつしか知らぬ間に、誰かのために撮っている。
(評価されようとは撮っているという意味ではないです。)

それがいつしか、わたしの喜びに変化していたのだなあと。

あまりに自然なシフトだったので、気が付いていなかったのか?

いつから誰かのために撮っていたのか、自分でもよくわかりませんが




「写真の本を、BEDに持って入りたい。」そんな風に思ってもらえる一冊を

送り出すこと。それが、わたしの喜びです。

その喜びの中には無数の感情と風景が広がります。

星、月、光、雫、森、夢、歓・・・・

日本語って、漢字一文字で、こんなにいろんなことを表現できて

うつくしいですね。

誰かのために、大切な人のために、見ていくれているあたなたのために、

写真を撮っているように感じることは喜びで、

わたしの願いなのかもしれません。






未来を怖いほどのキラキラする瞳で見ているのでしょうか。

「怖いほど」という眼を見たり、感情に触れること

狂気を感じることは、あまり日常的にないので、

怖いほどの才能に触れたく、時々なつかしく感じます。



あなたは今、未来に何を見ていますか?







スポンサーサイト
過去の言葉たち  2016.06.17

仕事はノーギャラで受けてはいけない

コメント0 

iPhone6s


仕事はノーギャラで、受けてはいけない。
【ボランティア活動や非営利は含まない。】
中学、高校とかけもちでボランティアの部活をしていたこともあり、その種のこととはまた別のお話しです。
こんなことに気がつくことが
遅かったのは、私の至らぬところかもしれませんが、今になってでも、気がついてよかったなと思うことです。さらに奥深さに将来、気がつけば、また元に戻る行動を取るかもしれませんが、現在は、こう思います。
(ノーギャラで受けて良かった時期もあります。自分が今、どのような立ち位置なのかを見極めるのもとても重要ですね。)
最終的に、善意で受けるとしても良かれと思い受けることには、仕事以上の神経を使わねばと思います。
かなりシビアに、かなりストイックにできないならば、ノーギャラは先方にも最終的に失礼になる場合が出てくるということと、自分自身をも傷つけるのではないだろうかという答えにたどりつきました。
ギャラが発生するなら、ここはこうでなければいけない、無理なことは無理、できないことは出来ないと、ここはこう発展させようなど、打ち合わせも念入りになります。もちろんそれだけではなく、他にも色んな要素が出てきます。
しかし、ノーギャラということで、先方の希望を安易に受け入れてしまったり、案件を受ける側にユルさが生まれてしまう。
当然いつもどんな時も、プロフェッショナルな仕事をするべきであり、ノーギャラというその甘さは、お互いに良いものを産まない。
未来において、ノーギャラでも仕事が受けるだけの、緻密さとストイックさを身につけ、もっともっと経験値を上げなくてはと思います。
通過点での言葉たち。
また近い未来、色んな変化を
吸収してゆきたい。



迷いがあるなら、ノーギャラで仕事はうけるべしからず。




過去の言葉たち  2016.05.11

ことしやるであろう #朗読会 の原稿を書き出す。

コメント0 
17030008_20150808001326046.jpg


まだ決まってはいないが

ことしやるであろう朗読会の原稿を書き出す。(写真展ももちろんやりますよ。)

イメージしたものはだいたいできるものでね。

途中で、これはなんだか違うなと思うものというのは

捨て去る勇気も必要だ。撰び取るといった方が最適か。


できなくなるものというのは、途中で愉快でなくなったものもの。

理由は少ない。楽しいだけなんてものも少ないかもしれないが

やさしい成分が、困難と楽しさの分量のバランスを崩した時に、崩壊がやってくる。

難解であることは楽しい。困難は悲壮感。

悲壮感が漂うところには、あまり誰も近づきたくはないが

何かわくわくするような危険な香りに、ひとは寛容だ。

世の中それほど捨てたものではないもので、わかるひとには分かる時代。


いつもマイノリティーの陰には光がある。

そしてマジョリティーに陰があり。その反対もしかり。

バランスが取れている安定感と、不協和音のバランスも絶妙なのが

菊地成孔さんだと思うのだけれど、話がそれるので、このへんで。


きょうも写真と朗読と。音楽は、DEDE MOUSEで、(菊地さん違うんかいw)




DE DE MOUSE












過去の言葉たち  2016.03.19

2016年の KAHUA 写真サイト

コメント0  過去の言葉たち  2016.01.21

師走の神戸北野

コメント0 


さしつまる年末。師走の雑踏も
新年に向かう、リフレッシュに向けてのいい時間になってまりいました。
仕事おさめも少しづつ最終時期にやってまいりまして
長い冬休みをどのように過ごそうか、いろいろと考えながら
いつもにも増して、やんわりした時間を過ごしております。
冬の夕方もまたよし。
過去の言葉たち  2015.12.17

太陽の光がシアワセ

コメント0 
  



 

久しぶりに太陽の光が!!!



気持ちがいいね。


ずっと曇り空だったので


太陽の光が格段ありがたい。





この子も、「カメラ日和」さんに

一応ご紹介しましたが、どうでしょうw




















過去の言葉たち  2015.11.20

季節外れですが、

コメント0 
_DSC6622_日本の夏 
過去の言葉たち  2015.10.22

Category

ひとこと



BLOGにUST、FBにTWITTERどれを併せても 日常の20%を発信中。 2015年 4月10日 LOVE, KAHUA

::::::::::::::::::::::::::

KA-HUAです。かふあとよみます。
日本晴れピクチャーズ始めました。
2007-4-28


ただただCameraと写真がすき。

↓1日1回クリックしていただくと嬉しいです。


いつもの場所やLIFESTYLEの中で、撮りたいものだけを撮り。たまには、こゝろほどける写真を撮ったりしたいなあ。Serendipityという言葉を教えてもらってから、私もこの言葉が好きになり、「偶然に出会う、幸運なデキゴト、それを見つける能力」セレンディピティを大切にしたいと思う。

♪伝えたいキモチとか。
♬言葉にできないイロイロ。
♫匂いとか、音、空気を
感じる時間も大切。


ココロほどける
ココロ潤う
ココロ揺れる
セレンディピティーな写真を♪

でも。思い出の写真が
一番大切。

04-10-2008

Copyright (C) 2007-2015 KA-HUA. All Rights Reserved.
05132007_skybuild.jpg


お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Archives

ただ今、つかっているもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。