スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

本との出会いは恋のよう。

コメント0 
大切なひとからすすめしてもらった本は今でも宝ものです。
一冊で人生観が変わったというものもあります。
本棚は随分と整理いたしましたが、仕事の本や好きな本で
お部屋は溢れています。もうすこし手放そうかと思っています。

わたしのおすすめは、今も変わらず「アルケミスト」
しかし時は経ち、今詠むとどんな感覚になるかは分かりません。
おそらく、今は詠むときではないのだろうと思っています。
20年前くらい前に、バリ島で詠んだ本。
一度こちらをおすすめしましたら、ぜんぜん意味が分からんと
言われた事もあります。すこしショックでしたがwww
本との出会いはタイミングもあります。
詠む場所や空気で随分と感じ方も違うでしょう ^ ^ 

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
(1997/02)
パウロ コエーリョ

商品詳細を見る



5年くらい前のおすすめのエンデ
こちらは、モモやはてしない物語とすこし違ったエンデで、ダークです。
写真をする上にも、知りたいひとを知る上にも、
これまで知らなかった感情が溢れ出した本たちでした。
鏡だけで4冊以上のノートを作った記憶があります。
とても収穫のあった一冊でした。が、特殊かなとおもいます。
いちど朗読しましたが、みなさん、はてな????でした。
解説しながら詠んだ方がよかったのかもしれませんが、
ソレもすこし恥ずかしく。。。合ってないかもしれないし、
自分をさらけ出すようで、放送では感情の羅列は、封印いたしましたw
今詠むと、昔程の感覚にはならないと思いますが、
溢れ出す感覚で詠める時というのは、まれにあることで貴重だと感じます。
当時はきっと写真も日常も浮世離れのまっただ中だったかのように思えます。

本との出会いというのは、出会うして出会う、恋のようなものです。



鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)
(2001/01/16)
ミヒャエル エンデ

商品詳細を見る

自由の牢獄 (岩波現代文庫)自由の牢獄 (岩波現代文庫)
(2007/09/14)
ミヒャエル エンデ

商品詳細を見る

鏡のなかの鏡―迷宮鏡のなかの鏡―迷宮
(1985/04/30)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

自由の牢獄自由の牢獄
(1994/10/27)
ミヒャエル エンデ

商品詳細を見る






素敵な夜長をお過ごしください。

わたしも、いい本に出会いたいとおもいます。
また、きにいりに出会えますように。おいのりっ。

LOVE, KAHUA






スポンサーサイト
朗読BOOKS & 古書店  2014.11.25

洋書からすこしだけ学んだこと

コメント2 
IMG_1515_20130127115923.jpg 


去年の暮れから、この洋書を読んでいます。
なぜ、日本語訳が出ていないのかが不思議です。
独学で写真をしている人には、とってもためになる本だとおもうのに…。
ということで、これはおすすめ本です。

シンプルに言うと、アーティストとして生きる本です。
それも、好きな事で生き抜く感じに出来上がっています。
芸大に行って写真をしているひとたちにとっては、
当たり前のことが書かれていると思うのですが、
独学者にとっては、なるほど〜といった内容になっています。
もちろん、写真だけでなく、芸術家、アーティストすべての方に。
とても簡単な英語で書かれているので、ぜひ手に取ってほしいです。
迷ったりしたときに。

まず、読んですぐに、洗いざらし、自分の人生について考えさせられます。
そして、行動にうつさせてくれます。
二ヶ月間、書かれたとおりに考えて、自分で行動してみました。
たまにこうゆう本に出会うときがあるのですが、

「私の何かをかきたててくれるもの」

そうゆう時は、必ず一歩進む事ができます。
今回、この本に出会って、どれだけ気づきがあったことか!
写真について学ぶつもりだったのですが、
人生について考える時間を与えてくれました。


内容は、冒頭の夢についてというところが、
大切なところで、後はまあ、流し読みして行動あるのみ。
するべきことが書かれてあります。
その冒頭部分ですが、アーティストは、云々…書かれているのですが、
自分で答えを見つけることができるように書かれています。

これは啓発本でありませんが、日本の啓発本を読むよりずっとシンプルで、
分かりやすく、一冊読むだけでいいですし、本質的なことが書かれていました。
実は、私はこの本で写真作品よりも、仕事の方が進みました。

ひとは、何故、夢に向かうのか、それは成功という言葉だけでは片付ける事ができない

「死」はたまた人生。。。。

死んでゆくときに、誰が側にいるのか。自分はどんな人でありたいのか。


読む人によって、感じる事は様々だとおもいます。
だからこそ、行き詰まったり、煮詰まったりしたとき、進みたい時には、

この本はおすすめの一冊です。


いや〜こんなことも分かってなかったのねwww わたし。。。。。



IMG_1556-S_20130127115923.jpg 

成長したい。

素敵なひとでいたいし、いい大人でも、いい女でもいたい。ね〜♪

 






The Artist's Guide: How to Make a Living Doing What You LoveThe Artist's Guide: How to Make a Living Doing What You Love
(2009/06/09)
Jackie Battenfield

商品詳細を見る






朗読BOOKS & 古書店  2013.01.27

「あとはおぼろ。」

コメント4 
_DSC9874.jpg 

今日はこれを詠もうとおもう。
















日本晴れのぞいたら、クリックして、また帰ってきてくださいね。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ











朗読BOOKS & 古書店  2012.08.17

むかしむかし

コメント0 
_DSC9872.jpg

清々しい朝から、音楽づけの一日を過ごすつもり。
そんな水曜日。夏休みは、まだまだ長い。

昨日買ってきた大好きな絵本。
この写真、こんなのが地味に好きです。




クリックありがとうございます 
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


朗読BOOKS & 古書店  2012.08.08

デュシャン Marcel Duchamp

コメント2 
 
_DSC9813.jpg
SONY α900 × CARL ZEISS VARIO-SONNAR 
「マルセル • デュシャンと20世紀美術」を写真に撮ったもの



部屋で一日中、デュシャン の回顧展のパンフレット本を見ていました。
彼の作品集を見ていると、いつも写真を撮りたくなります。
好きな芸術家はと聞かれると、デュシャンです。

この作品は、マルセル•デュシャン 遺作「与えられたとせよ」
2005年に回顧展で大阪に来た時に見ました。
木製の目の前にあるドアの穴をのぞくと、その先にあったのがコレでした。

デュシャンはこの遺作を作るのに20年かけ、没後の公開後、
中の写真も15年公開されなかったらしいです。
フィラデルフィア美術館にあり、固定されている作品なので、
移動はできないので、私が見たものはレプリカです。

日本の美術館は写真がダメなので、フィラディルフェラに行ったら、
実物の、「大ガラス」を絶対に写真に撮りたいとおもいます。
遺作よりも写真に撮りたいのは、大ガラス「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁。さえも」
きっと それも光といっしょに、うつくしい。


_DSC9817.jpg 
モナリザにひげとか描いちゃったんだよねえ。

_DSC9819.jpg 

_DSC9820.jpg 



スクリーンショット(2012-08-02 1.56.32)
なんと、マルタン•マンジェラが大ガラスのネックレスを出しているらしい。
探さなくてわ。お守りにしましょうっと。



2005年に美術館で小ガラスという、大ガラスのちいちゃなレプリカを買い損ねたので、
探しています。どこかで見た方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。



ランキングに参加しだしました。1日1クリックお気が向いたら。
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ



















朗読BOOKS & 古書店  2012.08.02

本と空間と時間と人と…散歩☆日記的

コメント2 
_DSC9598_books.jpg


この日は、Cameraとレンズ1本持って、Coyote を探しに。
そしてホットケーク食べて休憩という順番なのですが、
こひらはまたもや席は空いておらず。悲しいかなこの日で三回連続です。

そういえば、この宝物たちをおしえてくれた
かわいい女の子は元気にしていますか。

近いというのに、ここへ来るのは一年ぶりです。
店主のかわいい娘ちゃんも、もうおしゃべりができるようになっています。

かわいい♡

写真集を見ながら、私がわくわくしていますと聞こえてくるお喋り
彼女は、つたない、でもとってもおしゃべりな感じで、何とも上手に
「おうちようの ちゃんだる はく〜?」
「おうちようの ちゃんだる しってる〜?」
おうちようのサンダルがすごく気になるじゃないですか。

そして、前にも増して所狭し積みあげられた本の間を歩きながら、ごちっ
「うや〜。」泣き出します。
お父さん、とってもやさしく「痛っかった?」
娘ちゃん「うううん。    あ。しゅごくいたいよ。」
なんか、とってもかわいいじゃないですか。

とっても女の子♡

あんまりほんとは痛くなかったんだ。

近いうちに、また行こうとおもいます。
今度は、ホットケークも。



本と旅は大好物です。
coyote(コヨーテ)No.2 特集・星野道夫「僕はこのような本を読んで旅に出かけた」coyote(コヨーテ)No.2 特集・星野道夫「僕はこのような本を読んで旅に出かけた」
(2004/10/10)
新井敏記

商品詳細を見る

森も。早くベネズエラへ行きたいです。
Coyote No.31 特集:森の国、グアテマラへCoyote No.31 特集:森の国、グアテマラへ
(2008/09/10)
新井敏記

商品詳細を見る

_DSC9601_books.jpg

大学が近いので、学生さんもマニアックな本を手に取っています。
ほんとうに、ここは宝の宝庫です。


本日は、足穂も、結構古いものが数冊ありました。足穂があると「おおおお!」
そうそう。私が写真を撮りたいとおもったきっかけのひとつに
Esuqure の稲垣足穂特集を見て、写真と本という関係に惹かれたからというのがあります。
この雑誌は、いつも私の人生に彩りを与えてくれていたなあ。



Esquire (エスクァイア) 日本版 2004年 11月号Esquire (エスクァイア) 日本版 2004年 11月号
(2004/09/24)
不明

商品詳細を見る

Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 06月号 [雑誌]Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/24)
不明

商品詳細を見る






朗読BOOKS & 古書店  2012.07.10

雨の季節に詠みたい本 「本を捨てて 本を買う 選び取る。」

コメント5 

雨の季節
今年の梅雨は、なんだろう すこしいつもと違う気がする
気がするだけかもしれないけれど…

そんなこんなしていると
本を詠むにはうってつけの 時間の空洞ができあがるので

本を詠みたい気分になる

今回は、まったくのジャケガイならぬ表紙からのセレクト





「あたらしい日用品」

ここに映っているもだけで興味を惹かれてしまう一冊
今、ちょうど部屋の整理をしているので、このように
持っていて心が躍るものだけを残し行きたいなと。
日常に使うものを、そっとセレクトいたしましょう。
あたらしい日用品 ~timeless,self-evident~あたらしい日用品 ~timeless,self-evident~
(2011/12/20)
小林 和人

商品詳細を見る
 




"A Year of Mornings: 3191 Miles Apart"

早起きは好きといえでも、朝が苦手というか起きるのは苦手。
朝が好きになる一冊です。なにごともスタートは丁寧に
自分たちの時間は、ゆっくりリラックス、スタイリッシュにヘルシーに
日本なら、お米に、卵焼き、ほうれんそうのおひたし、鮭などなどで
朝食、朝の風景を彩りたいもの。ちょっとしたひとてまが、新しい
一日を作り出すなあと。選んだ一冊。日々の朝食の風景。

A Year of Mornings: 3191 Miles ApartA Year of Mornings: 3191 Miles Apart
(2008/09/03)
Maria Vettese、Stephanie Congdon Barnes 他

商品詳細を見る


辰巳芳子「あなたのために いのちを支えるスープ」
詠んでいるだけで気持ちのよくなる料理本
うつくしい日本語が素敵なのであります。
そして、到底まねできない、てしおにかけたお料理のかずかづ。
おばあちゃんになったら、実践する!!!
それまでは詠んでお勉強。
あなたのために―いのちを支えるスープあなたのために―いのちを支えるスープ
(2002/08)
辰巳 芳子

商品詳細を見る




「空間感 杉本博司」

建築物を見るのがすきなのだけど、写真は撮らないので、見るのがいい。
ということで選んだ一冊。建築を美術家としての目線で書いているらしい。
面白そうだ。
空間感/杉本博司 スター建築家の採点表 (CASA BOOKS)空間感/杉本博司 スター建築家の採点表 (CASA BOOKS)
(2011/08/11)
杉本 博司

商品詳細を見る

そして、最近、思ったこと…
同潤会アパートメントの写真集が一冊、部屋にある。
表参道のあの町並み(同潤会がまだあったころ)が好きでたまらなかったのだけど
立て続けに、兵庫県立美術館(安藤氏の建築)に行く事があり、ふとエントランスの蔦が気になった。

表参道の安藤氏の建築にも、建てられた時から、一部蔦が植えられていたの思い出す。
そのとき、「ああ、安藤さんはきっと蔦も忘れないでいたんだね。」と思ったのだけど、
兵庫県立美術館の方にも、蔦。

蔦って、一度生えると、限りなく排除するのが難しそうなイメージ。
ということは、安藤さんは、長い時間を経たときに、安藤さんの建築が
蔦でうまってしうことも計算に入れて、建築しちゃっているのだろうか?
自分の設計した建物が蔦でうまってしまうことまで考えているなら、
めちゃくちゃ格好がいいやん。と、興奮してしまう。身勝手な想像なのですが。

むかし、北野にある安藤建築の建物で働いていたので、安藤さんはなんだかみじか。
毎日そこで働いているだけで、気持ちがよかった。日常とは、やはり気分が大切。


「安藤忠雄 仕事をつくる-私の履歴書」

安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書
(2012/03/10)
安藤 忠雄

商品詳細を見る



Chanel: Collections and Creations

表紙を見てるだけで、「シャネルです」て感じ。
Chanel: Collections and CreationsChanel: Collections and Creations
(2007/09/30)
Daniele Bott

商品詳細を見る

Nan Goldin
自然の光。スナップ。写真…深いなあ。
Nan GoldinNan Goldin
(2010/10/20)
Guido Costa

商品詳細を見る




まだまだありますが、ただ今、本やなにやらを捨てているので
もう新しい本を買うのも躊躇。捨てるということは、
新しいものを選び取る瞳も養えますぞ ^ ^ 
この中で私が買うのは、辰巳さんと、Nan Goldinです。
あなたは何を選ぶだろうね。


では、また。









朗読BOOKS & 古書店  2012.06.25

Category

ひとこと



BLOGにUST、FBにTWITTERどれを併せても 日常の20%を発信中。 2015年 4月10日 LOVE, KAHUA

::::::::::::::::::::::::::

KA-HUAです。かふあとよみます。
日本晴れピクチャーズ始めました。
2007-4-28


ただただCameraと写真がすき。

↓1日1回クリックしていただくと嬉しいです。


いつもの場所やLIFESTYLEの中で、撮りたいものだけを撮り。たまには、こゝろほどける写真を撮ったりしたいなあ。Serendipityという言葉を教えてもらってから、私もこの言葉が好きになり、「偶然に出会う、幸運なデキゴト、それを見つける能力」セレンディピティを大切にしたいと思う。

♪伝えたいキモチとか。
♬言葉にできないイロイロ。
♫匂いとか、音、空気を
感じる時間も大切。


ココロほどける
ココロ潤う
ココロ揺れる
セレンディピティーな写真を♪

でも。思い出の写真が
一番大切。

04-10-2008

Copyright (C) 2007-2015 KA-HUA. All Rights Reserved.
05132007_skybuild.jpg


お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Archives

ただ今、つかっているもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。