スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

遠隔

コメント4 

_DSC2498.jpg

_DSC2502.jpg

_DSC2506.jpg

_DSC2509.jpg

_DSC2511.jpg

_DSC2514.jpg

_DSC2513.jpg

_DSC2493.jpg

_DSC2507.jpg
SONY α900 CARL ZEISS SONNAR

病院が苦手なので、空元気で歩く歩く。



合気道をしたく(10年ほど前から)、気功も習ってみよかと思ったり。

本を読んでいると、そういえば気功で離れた遠くの人の病気を治したり

「気」というものは、できるんだったよなあと思い出し

そんなことを考えたこともなかったのだが、なんか人の病気を治せるなんて

すごい!と思い

病院はどうもいい所にあたったこともないので(出会いたい先生を探すのは至難の業だとおもう)

ただ病院が苦手なこともあり、もう何年も前になるが、インディアンのメディスンマンに

ついて本をかってみた。未ださらっとしか読んでいない。

ネイティブインディアンの地は少しばかり遠いので、


気功を調べていくと、どうやら、普通に習い事で気功をするレベルでは

ひとの病気は治せないらしい。自分の気を使って治すので、自分の気が悪くなって不調になるとか。

しかし、マイスター級になると、気を新たに作って、人の病気も治せるらしい。

それも遠隔で。すごいなあ。まあ遠隔でなくとも、人の命を救えるとは、すばらしいことだ。

わたしも、病気だけでなく、いろんな人のためになる事を、やはりずっとしていたい。




七月の空は、今日も蒼かったよ。




























スポンサーサイト
LIFE style 心地のいいモノコトひと  2013.07.02

七月

コメント0 
 _DSC2522.jpg


七月

上半期が終わり、新しいくぎり





晴れたら、次は空港で散歩


















言葉と写真たち  2013.07.02

MOMOの花

コメント4 
_DSC2011.jpg

_DSC2017.jpg


momoを詠んでいると、現代社会の時間やお金、物質的な違和感などを
感じたり、教えてもらえるのであけれど、ファンタージーとうまく織りなっていて、
後味悪くなく、説教臭さなしで、エンデ哲学を感じ、いい感じ。

ミヒャエル・エンデの本は、どれもファンタージアで哲学。

彼は日本の女性と結婚されていて、東洋文化にも、おそらく日本人のわたし以上に
知識を持ってらっしゃったのだろうなあという印象。
外国の地から、東洋への興味をお持ちになった経緯は知りませんが、
資本主義の中で生きている疑問などから、たどり着いたのかもしれませんね。

わたしがよくblgoで文字(言葉)にする、「日本が忘れてしまっている大切な何か」
や、「忘れてしまう前に」といった思考が、エンデの作品の中に共感できるので、
彼の作品に惹かれるのかもしれません。


私も、写真表現の中で、テーマに沿って作品作りをすると
やはり日頃考えたり感じたりしていることが、自然と写真の中に写り込むし
(写り込まなくも撮れるけど、写った方がおもしろい)
写真作品だけでなく、仕事にしても、その人の芯というものは、
何かしら、どこかに浮き彫りになってくるのではないかとおもう。
それはとても大切なことで、その芯がないと、
いわゆる普通その他一般大勢になってしうようで
それが悪いというわけではないけれど、私はそれでは納得いかんなとおもう。
どんなカタチであれ、個性というのはわたしにとってとてもいい事である。

エンデはなぜにあんなに安心感があるのだろう。。。すごいなあ。

モモの美しい死にゆく花を思い出した。

エンデって、すごいなあ。

日本語の広告的なテレビ的なピリチュアルという言葉が嫌いだけれど、
東洋医学や気を勉強したいとおもう。

誰かのためになるレベルまで。







先日、THE INVASIONという、大好きなニコールキッドマンの映画を見たのですが、
久しぶりにハリウッド映画にドキドキさせられました ^ ^
ニコールのうつくしさに、うっとり。
最後の、ちとアイロニックな感じも、ちょっと恐かったりして面白かったです。










LIFE style 心地のいいモノコトひと  2013.07.03

no title

コメント0  言葉と写真たち  2013.07.05

haze

コメント0 
 _DSC2414.jpg





家から少し歩き

帰り道、気分上々


















言葉と写真たち  2013.07.07

夏のちから

コメント2 


_DSC2540.jpg




_DSC2539.jpg





_DSC2537.jpg


_DSC2538.jpg



_DSC2532.jpg


七月初旬

外に出ると、真夏の空気

電車に乗って、重いカメラバッグを持って、歩くこと15分

「もしかしてもう梅雨はあけたのかな?」という温度

_DSC2544.jpg



_DSC2542.jpg




_DSC2551.jpg



_DSC2549.jpg


日常とは違う空気の場所へ





明石のたまごやき(明石焼き)屋さん「ふなまち」さんへ

明石焼 20個 500円 (すごくやすい)

いつも行く木村屋さんは幼い頃から、おでんを食べるのがたのしみだったけれど

すこし違うところへ。行ってみよう。

場所は、明石駅。魚の棚の西から南へ徒歩10分

駅周辺にはたくさん明石焼のお店があるのに、この炎天下歩く

すこし風もあるので、いいじゃないか。

日曜日午後二時頃、30分ほど外で待ち、ふなまちさんの中に入ると、10席ほど

明石焼を頂いて。お持ち帰り分も注文。少し残ったので、それもお持ち帰りにしてもらう。

そのぶんのおだしも持たせてくれる優しさ。また来よう。

とても人気のあるお店なのに、せかすこともまったくなく、店内に詰め込まれるもなく

ゆっくりいただくことができます。

前にならんでいた方も遠方からお越しでした。

駐車場は4台あるそうです。

ぱりっとしていて、中はとろり。あつあつです。

おだしは、みつばなしのちょっとしょっぱめな感じ。

お水はセルフサービスです。







_DSC2524.jpg

駅に戻ると、たくさん明石焼屋さんのお店があります。

おいしいやきそばとラーメンのお店もあるので、

また、たまには明石にも来てみよう。

あまりスキな駅ではなかったのですが、たまには来てみようと

いいこと発見の一日でした。

Cameraを持つと、スキになることがたくさんで

いいものです。

夏のちからかな。

















TRIP 、ロケハン、小旅行!  2013.07.08

banana

コメント0 
 _DSC2529.jpg

Banana みつけた

ほとんどバナナだけだ

はじめて見たような

映画で見たような、バナナの叩き売りみたいなことがここで行われるのか

想像しただけで、すこし笑えてきた。













過去の言葉たち  2013.07.08

夕方の散歩 夏

コメント4 
_DSC2389.jpg


_DSC2425.jpg


_DSC2395.jpg


_DSC2381.jpg


_DSC2326.jpg


_DSC2324.jpg


_DSC2046_20130624012350.jpg



_DSC2405.jpg


_DSC2303.jpg
Sony α 900 / Carl Zeiss Sonnar


夕方の散歩









言葉と写真たち  2013.07.09

cool down

コメント0 
 

_DSC2269.jpg


_DSC2265.jpg


_DSC2263.jpg



_DSC2245.jpg


_DSC2243.jpg


_DSC2241.jpg



_DSC2360.jpg



_DSC2432.jpg


_DSC2175.jpg  


阪急電車でいいところ

阪急沿線、神戸線 御影か岡本で下車
徒歩10〜15分

JRなら住吉駅 徒歩5分

住吉川を 登ると滝 下ると海

どちらも気持ちがいいですよ。
近所のひとたちの散歩道

ビーチはないけれど、潮の満ち引きの時間はとてもいい感じ。
いろんな海の顔が見えます。










阪急いいところ歩き  2013.07.09

ヨミセ

コメント0 
_DSC2807_2.jpg


夜店を発見





JAPON 和菓子•日本のもの  2013.07.15

yo-yo

コメント4 
 _DSC2868_20130717214211.jpg
 
Sony α 900 Carl Zeiss Sonnar







夏のおもいで。

それぞれの夏の思い出

海岸で食べるやきそば

夏祭りの風景

花火大会の浴衣

数えれきれない数々のおもいで




あなたはどんな夏を過ごすのだろう。




















JAPON 和菓子•日本のもの  2013.07.17

淡い思い出

コメント0 



_DSC2870_20130715001009.jpg




少女の頃、少年の頃、どんなきもちで夏まつりに行っていましたか

夏まつりはスキですか

思い出すことはありますか

どんな思い出ですか




いとこたちと、海と山に挟まれた神社

海でのラジオ体操からはじまり

夕暮れ時の散歩


故郷の小さなお祭り

金魚すくい

金魚の産地がちかいおかげで

どんどん大きく成長し、これは鯉だとおもってみたり

夏休みには思い出がいっぱい

思い出はおとなになってからの何かになる

一部のような気もする

たいせつないちぶ

あのときはそんなこと これっぽっちも感じなかったのに










言葉と写真たち  2013.07.19

七月のはじめの夏まつり

コメント0  言葉と写真たち  2013.07.20

真夏前

コメント0 


タリーズでアサイ




北海道のおいしいやつ


















おいしくなかったカレーうどん


ケー二ヒスクローネ




ご近所のちいさなお友達の髪の毛を結わえてみる


七夕さまの願い事


こうべっこの食べた方は、かじってかじって
だんだんまるが小さくなる




にしむら珈琲のおこさまアイス


にしむらのサンドウィッチ、珈琲よりおいし




連日にしむら


えび水餃子なんこも包む


こんなところで写真の本


巨大りらくまアメリカへゆく





毎週毎週すたばすたば


いい喫茶店みつけ


むかしはスキだったんだけど
最後のびっくりドンキーかな




映画を見て、本能の大切さを感じ


ユーハイムの抹茶アイス


芦屋

今週からまた、てづくりお食事にしよう。
明日は、厚焼きたまごサンドかなあ。



まだまだ暑くなりそうです。今年の夏も愉快にどうぞお過ごしください。




LIFE style 心地のいいモノコトひと  2013.07.23

MAHIRU

コメント3 
_DSC2714.jpg





_DSC2713.jpg



「きだてがいい」というのはいいなあと。なんとなく。



真昼の太陽の下








 
言葉と写真たち  2013.07.23

Radio 聴きながら

コメント2 
fc2blog_20130727005333f66.jpg

夏の一日をすまし
夜の時間をたしなむぞと、ラジオをつけた



fc2blog_20130727005347541.jpg 

ラジオから流れてくるのは
YMO のテクノポップ



fc2blog_20130727005359431.jpg 

深夜のラジオに
電車の中、昼間に聴く小西さんのラジオだとか
ラジオって、昭和だね

深夜の演歌とかは、タクシーに乗ったときくらいしか聴かないけれど
ああゆうのが、う〜しみる〜とか、そうゆう方々も居るんだろうなあ。渋っ^ ^




fc2blog_20130727005425afe.jpg 

今日もしゃべりきれないほど
取るに足らない、話したい事があるけれど
それはさておき




fc2blog_2013072700541379d.jpg 

こころの余裕や穏やかさの陰に潜んでいる
ストレスとやらが、動き出すとどうなるのだろう
ストレスとは気づく人の方がいいんだそうで





fc2blog_20130727005459d2e.jpg 
ここのスタバは、すごくよかった
私が審査員だったならば、ここは優良店

しずか
ほどよい
やさしい
しずか


fc2blog_20130727005447841.jpg 



fc2blog_20130727005437216.jpg 




明日も、あなたも、素敵で愉快で快適な一日を。











言葉と写真たち  2013.07.27

i know ,

コメント0 
 fc2blog_20131103041528ed6.jpg




言葉と写真たち  2013.07.31

Category

ひとこと



BLOGにUST、FBにTWITTERどれを併せても 日常の20%を発信中。 2015年 4月10日 LOVE, KAHUA

::::::::::::::::::::::::::

KA-HUAです。かふあとよみます。
日本晴れピクチャーズ始めました。
2007-4-28


ただただCameraと写真がすき。

↓1日1回クリックしていただくと嬉しいです。


いつもの場所やLIFESTYLEの中で、撮りたいものだけを撮り。たまには、こゝろほどける写真を撮ったりしたいなあ。Serendipityという言葉を教えてもらってから、私もこの言葉が好きになり、「偶然に出会う、幸運なデキゴト、それを見つける能力」セレンディピティを大切にしたいと思う。

♪伝えたいキモチとか。
♬言葉にできないイロイロ。
♫匂いとか、音、空気を
感じる時間も大切。


ココロほどける
ココロ潤う
ココロ揺れる
セレンディピティーな写真を♪

でも。思い出の写真が
一番大切。

04-10-2008

Copyright (C) 2007-2015 KA-HUA. All Rights Reserved.
05132007_skybuild.jpg


お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Archives

ただ今、つかっているもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。