スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

girls

コメント8 
IMG_5743.jpg
IMG_5744.jpg


IMG_5745.jpg

IMG_5792.jpg  
CANON EOS 7D
撮影もろもろの打合せへ行く。
ひとを撮るということで、そのメッセージ性だとか、いろいろ考えてみる。
その人の伝えたいことはなにで、なにをしたくて、いろいろ聞きたいことがある。

こうゆうときに、撮られるという経験をしていて、ほんとうによかったと思う。
いいこともそうでないこともある。でも、うちにはいい写真が残っている。
それだけでも撮ってくれた人に感謝なのかもしれないと思う。

話がそれてしまったけれど、
この写真を撮った時、少女たちがお花を摘んでいました。
そして、わたしはこのなわとびに目が行って、写真を撮ったのですが、
それに気がついた女の子は、即座になわとびを自分の元に引きずり戻しました。
とってもあからさまに、これはわたしのだと言わんばかりに。
ああ。そうかあ、自分のものを写真に撮られる(それも知らない人に)というのは、
奪われるのと同じこと。

「ごめん。」とおもいました。
そういえばわたしも撮られていて、そうゆう感覚になったことがあります。
それは、とってもズルい写真の作り方だと思ったことがあります。

むかし、写真に撮られると魂を奪われるという話しかり。
インドネシアのロンボク島という、まだまだ裸で子ども達が牛をひっぱっているところでも、
(今はもう開発が進んで、みんな服を着ているかもしれない。)
写真は厳禁だった。おかあさんが我が子を守るように、拒否のサインをだしていた。
勿論絶対に撮らない。その文化に敬意をはらいたい。

肖像権もろもろ。写真についてのマナーも、デリカシーも、ポリシーも、モラルも
人それぞれで私はいいと思っています。写真はそれぞれの作品で、リスクは自分にあるのだし。
どこかでダメな写真撮っても、わたしはなーんとも思わない。
その人が責任とるんだし。それをあれこれどーこー言うのは…ナンセンス。
ダメなことこそやりたくなるのが心理。見る方もおもしろい。
(意見の合ない人、気をわるくしていたら、ごめんなさい。)


また話が反れてしまいましたが、そう。今日の発見は、周辺は今は置いておいて、撮る側と撮られる側のはなし、
結論を言うと、人を撮る時に、「その人から何かを奪い取るような写真は撮らない。」
できることなら、なにかいいことをそこに残してく。それくらいで撮ることができれば理想。
でも恋人とか、ごくごく個人的な場合は、奪い合うっていうのもいいかもしれないね。
けっきょく、ネットに公開しないような個人的な写真は極上の楽しみにとっておきたい。

とにかくね、打合せへ行ってきます ^ ^ 元町でもぷらりとしてきます。



3greenhouse100423.jpg
うさこのUSBメモリーほしい。もうすぐ発売。
カメラストラップは純正のままだし…。































過去の言葉たち  2010.04.24
2010.04.24 edit
写真を「撮る」は、「取る」だったり「盗る」だったりしますよね。
私は、「穫る」や「採る」が好きですが、「録る」や「捕る」も良いですね。

写真に対する考え方はいろいろあるかと思いますが、悪いことしたなと思った時に、素直に「ごめん」と謝れることは、とてもエライ!と思いましたよ。(^^)

撮ることで、何か新しい楽しみが増えたら、それはとても素晴らしいことですよね!

しっかり打ち合わせて、良い写真を撮ってくださいね♪
K-Hyodo URL
2010.04.24 edit
この、一番目の写真、見た瞬間、この、赤い紐に、ドキィっとして、しかも、女の子の足に絡んでいて、おんなのこなんだけれども、おんなということの、なにか、プリミティブなものに、強烈に繫がりました。。。この、ダークな色といい。
ゴーギャンじゃないけれども、、、
そんな、かふあさんの一瞬のなにかの捉えが、ほんとうに、この『なわとび』から入って撮られたことと、自分も、この『なわとび』にシュッっとくっついたことに、、、、わぉ♪と嬉しく。。
何云っているのかつたわりますか?笑

うん。写真は、魂とられる。と、思う。笑
このごろ、また特に。笑
でも、ほんと、各自それぞれの自由だとおもいます。
それぞれの仕事がある。

だいじなことですよね♪

今日は、ドキィっとしました。笑
marqui URL
2010.04.24 edit
■K-Hyodoさん
「むかしのひとはよくいったもんだな~。」
そんな感じで、また ^ ^

コメントありがとうございます。
かふあ URL
2010.04.24 edit
■marquiさん
ドキッとしてくれて、ありがとうございます ^ ^
marquiさんのおっしゃってること、伝わってます!

それぞれの仕事があるかあ。
その言葉なんかあいいかも!

「なわとび」わたし、小学校の時、すごく得意だった
笑)
かふあ URL
2010.04.24 edit
写真は(撮り手)の魂を奪う。

逆に魂が抜かれるような感覚に陥ります(笑

魂を込めて撮る、被写体への僕なりの敬意。

Jun URL
2010.04.24 edit
■Junさん、こんばんは。

ポートレイートって奥深いですね。
全部が全部魂とられるとは思わないんですよ。
でも、そうゆう撮り方をする人もいるなあって
感じたことがあるなあって。

Junさんは、どんあお写真を撮ってらっしゃるんですか?blogのリンクがなかったので、気になります(笑)
かふあ URL
2010.04.25 edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
2010.04.25 edit
なるほど。そうだったんですね。
あそこから探すのは大変そう。
またきっとどこかで偶然出会いますね。
かふあ URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

Category

ひとこと



BLOGにUST、FBにTWITTERどれを併せても 日常の20%を発信中。 2015年 4月10日 LOVE, KAHUA

::::::::::::::::::::::::::

KA-HUAです。かふあとよみます。
日本晴れピクチャーズ始めました。
2007-4-28


ただただCameraと写真がすき。

↓1日1回クリックしていただくと嬉しいです。


いつもの場所やLIFESTYLEの中で、撮りたいものだけを撮り。たまには、こゝろほどける写真を撮ったりしたいなあ。Serendipityという言葉を教えてもらってから、私もこの言葉が好きになり、「偶然に出会う、幸運なデキゴト、それを見つける能力」セレンディピティを大切にしたいと思う。

♪伝えたいキモチとか。
♬言葉にできないイロイロ。
♫匂いとか、音、空気を
感じる時間も大切。


ココロほどける
ココロ潤う
ココロ揺れる
セレンディピティーな写真を♪

でも。思い出の写真が
一番大切。

04-10-2008

Copyright (C) 2007-2015 KA-HUA. All Rights Reserved.
05132007_skybuild.jpg


お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Archives

ただ今、つかっているもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。